忍者ブログ
Keio Waterpolo Team
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは。
1年間、主務を務めました、小野です。

先日の試合に負けて引退となり、今日は水泳関係の道具を整理しました。
するとタンスの奥から出るわ出るわ・・・そう、水着です。
破けてお亡くなりになった水着は処分していましたが、中学時代に使っていた競泳用の水着(水球では破けても大丈夫なように、2枚生地の水着を着用するか、2枚水着を着なければならないとルールに明記してあります!)まで残っていました。

この1枚1枚に、僕の水球人生が刻まれていると思うと、感慨深いものがあります。
買ったものあり、海外で買ってきてもらったものあり、貰ったものあり・・・。

水球を始めた理由は、洗濯が楽だと親に唆されたからだ、と先週のブログにも書きましたが、『ユニフォーム代が安い』も大きな理由だったような気がします。

と書くとひどい家庭に育ったように聞こえますが・・・(笑)
この年まで水球を続けてこられたのは、間違いなく両親のおかげです。

高3になっても部活に熱中し、受験勉強を始めない息子。
大学に入っても朝練の為に日が昇らないうちに出かけ(静かに出ていたつもりですが、起こしていたのは間違いないです・・・)、帰ったらただ寝ている息子。

よくここまで野放しで育ててくれたなと、改めて感謝しています。

インカレでは、プレーにも結果にも満足というわけではないですが、悔いを残さず終えられたと思います。今まで指導して下さった先生・先輩方や、何より中高大の同期達のおかげで、無事に競技生活に一区切り付けることができました。

お礼の言葉を持って、締めとさせていただきます。
水球を通じて関わってきた皆様、ありがとうございました。
PR
昨日で部員紹介が一回りしました。
松坂に紹介してもらった小野です。

いよいよインカレの開幕が明後日に迫りました!!

慶應義塾大学の対戦予定は

21(金)1230~
vs九州大学
@早稲田大学所沢キャンパスアクアアリーナ

九州大学に勝つと

21(金)1730~
vs筑波大学
@早稲田大学所沢キャンパスアクアアリーナ

です。キャンパスまでのアクセスは、西武池袋線小手指駅南口、2番のバス乗り場から早稲田大学行きのバスの終点で下車となります。

会場ではプールサイドに観客席があるので、応援に来ていただける場合は土足厳禁・裸足またはビーチサンダル等になれる格好でいらして下さい。


さて、この大会で僕の学生としての水球は最後になります。
思い返せば中学1年の春に『水泳なら洗濯が楽だから』と親に唆されて始めた水球を、10シーズンも続けることになるとは思ってもみませんでした。
中高一貫の武蔵中学・高校で6年間水球をし、最後の試合に負けた時はこれでもう水球はお腹いっぱいかな…と思いました。
しかし、高校最後の試合に満足出来ず、大学に進学してからまた「試合の緊張感」や「審判との駆け引き」が恋しくなり…気付けばまた水球部に入部していました。

このインカレで、全力を注ぐ公式戦は最後になります。今度こそお腹いっぱい満足できるか、まだまだやれたと後悔するか…。
悔いの残らないよう、10年分の成果を見せつけます!ので!是非とも皆さまの応援をお願いします!!

青黄の水着は中高と育った武蔵のもの、赤青の水着は慶應義塾(大学高校共通!)のものです。どちらも濃密な時間を過ごした象徴とも言える大切なものです。
会場でこの赤青の水着をみかけたら、「がんばって!」の一言をお願いします!

小野友顕



こんにちは、4年の小野です。
今週は『翌日にブログを書く人』をお題に部員紹介をしていきたいと思います。

初日は木曜日担当の、3年生の牛島くんです!!


あだ名は、うっしー。

彼は、熊本一の進学校・熊本高校から法学部法律学科へと進学してきたエリートです。

大学に入ってからも弁護士になるべく日夜勉強中という努力家なんです。

入部当初、当時4年生だったマネージャーの先輩から『うっしーの顔にボールを当ててはいけない!』という指令が下った程のイケメンです。

試合会場では、『慶應のキーパーかっこよくね?』という声が聞こえてきます。

才色兼備のうっしーですが、どこか抜けていて、イヤミのない爽やか好青年です!


…とこれは、昼のうっしーでした。


夜のうっしーは
こんなもんじゃありません!!


飲み会があると、部内で一番ハッスルします。

徹夜でサッカーゲームをやり込んで、『球技の勉強です!』と言い放ちます。

タンクトップにボクサーブリーフで、ビリーズブートキャンプを踊り狂います。

どんなに忙しくてもお笑い番組はチェックします。部内で、でもそんなの関係ねぇ!にいち早くハマったのは彼です。

『男子大学生の健全とは、適度なeroticismのことである』は名言です。


試合会場で見かけたら『うっしーカッコイイ☆』と言ってあげてください。
女の子が言うと、セーブ率が上がるらしいですよ!!

小野



今日は吉祥寺にある、成蹊大学と練習をしてきました!

ドラマ「GTO」の舞台でもある吉祥寺は、全国的にも有名だと思います。また、「住みたい町ランキング」では下北沢あたりと並んで毎回上位にくる街ですよね。


しかし!そんな華やかなイメージの吉祥寺(写真左)には、水球に恵まれた街という裏の顔(!?)があります!!

まず「成蹊大学」はもちろん、同じキャンパス内にある「成蹊高校」、女子高校生日本一に何度もなっている「藤村女子高校」、さらに、藤村から多くのOGが進学している「東京女子体育大学」。

これらのチームが成蹊学園のプールに集うわけです。

専修大学や、昨日の松坂の日記に出てきた東大に並んで、成蹊大学にはかなりお世話になってきました。ありがとうございます!


さて、そんなジプシー生活をしている慶應義塾ですが・・・来年には、塾の150周年記念事業で新校舎が完成します!
既に骨組みは組上がってきましたが(写真右)、この校舎には50m×25mの水球・競泳が可能なプールに+飛び込み専用プールが出来る予定です。

私は校舎の完成を待たずに卒業となってしまいますが、幅広い年代の数々のチームが集まれるプールになるといいですね!

小野



熊本に合宿に行ったときに一緒に練習した、熊本学園大学附属高校水球部の方々からお手紙をいただきました。
感激中の小野です、こんにちは!

熊本では僕らの方こそ学ぶことが多く、楽しく練習することが出来ました。この場を借りて改めてお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました!
また熊本に行く機会があれば、その時はぜひよろしくお願いします。もちろん、こちらに来ることがあれば東京案内は任せて下さい!


さて、話は変わりますが、数日前に当ブログの携帯版をリニューアルしました。表示内容を見直したので多少読みやすくなったと思います。携帯版のアドレスはPC版と共通で
http://keioswim.blog.shinobi.jp/
です。PC版で表示されているQRコードからなら簡単にアクセス出来ますので、こちらも併せてご利用下さい。 


小野友顕


合宿2日目です!
甲子園で広島広陵が準優勝!で街が盛り上がってる中、僕らも広島を満喫しています。

今日は午前午後と広島県立工業高校のプールで修道高校・広島学院高校・入高校など広島県選抜チームと練習してきました。

連日の酷暑のせいか今日は水温32度(体感で)くらい暑い、いや熱かったです。
競泳の大会では水温を26~30度くらいに設定するそうです。また、マラソンも10度前半くらいの寒い時期の方が記録が出るそうです。
放熱された方が運動しやすいと言うことですね!
今日は日焼けも相まって熱がこもってしんどかったです。


さて、夜は高校生とともにお好み焼きを食べてきました!

ぶちうまかったけぇ、また行きたいのう!

小野



先週の大二郎に引き続き、僕も体調を崩してしまいました。
冷房のガンガン効いた電車や屋内と、炎天下の道を出入りすると、汗で冷えるわ頭イタくなるわでなかなかツラい季節です。


…水球選手ですが、夏は嫌いです(笑)


さてそんなわけで今日は外に出られなかったので、僕の水球ボールコレクションの写真です!

ご存知、左下は旧デザインの黄色いボール。右下は新デザインのツートンカラーのボールですね。

そして真ん中は…!?

実はコレ、同期の古矢君がスペイン旅行に行ったとき、お土産で買ってきてもらった「トイボール」という商品です。(TURBOで買えるらしいです。)

スラムダンクの沢北はバスケットボールに、キャプテン翼の翼はサッカーボールに赤ちゃんの時から触れてたということですが…これで水球の英才教育を!!

小野



カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
慶應義塾体育会水泳部水球部門
性別:
男性
自己紹介:
慶應義塾体育会水泳部水球部門のブログです。
現役大学生・OB・ファンの皆様との交流の場にしたいと思います。

水球とは
プールの中で行うハンドボールを想像してください。水球は泳ぎながらボールを扱う珍しいスポーツなので、競泳だけでも球技だけでも味わえない楽しさがあります。サッカー・バスケットのような戦略性・戦術性と、ラグビーのような力強さを併せ持ち、水面下での激しい攻防から『水中の格闘技』とも呼ばれます。随所には、日本泳法のテクニックなど技巧的な面も見られます。
日本ではマイナースポーツですが、海外での水球-waterpolo-はプロリーグも存在する人気スポーツです。
バーコード
最新記事
(03/21)
(01/31)
(01/31)
(01/30)
(01/29)
最新コメント
[04/25 安井 幸三郎]
[10/20 Ben.calatayud@orange.fr]
[10/20 Ben@poulet.fr]
[09/20 ono]
[09/20 バード]
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]