忍者ブログ
Keio Waterpolo Team
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは、一年の永岡です。

今日は、コーチの鳥海さんと一緒に慶應スイミングスクール(通称:慶スイ)の夏期水泳講習のコーチをするため、慶應義塾幼稚舎(小学校)に足を運びました。


何を隠そう僕は幼稚舎出身で、慶スイにも小3~小6まで通っていました。


お世話になったコーチの方々に久しぶりに会いました。
幼稚舎のプールも久しぶりでした。

ベタな感想ですが、当時の記憶にあるプールに比べ、ものすごく小さなプールに感じられ驚きでした。

思えば、当時から僕はスポーツ全般あまり得意でなかったため、水泳もそれほど得意ではありませんでした。
水は好きでしたが。

なので、小学校の頃に当たり前の様入れられたスイミングスクールから始まり、なんとなく入った水泳部 そして、ちょっとしたきっかけで始めた水球を大学でも続けているなんて、正直当時からは想像もしていませんでした笑


しかし原点は確かにこのプール(画像1)からです。

慶応の「一貫校」という利点を生かし、僕の様に大学まで水泳をやってくれる人が少しでも増えてくれればと思います。
なので今日は、少しでも水泳や水球に興味を持って欲しい思いで教えて来ました。

ちびっこを教えるのは、楽しいですが実際は予想以上に疲れます笑

画像1は幼稚舎のプール。画像2は鳥海さんとの2ショットです。 

永岡陽太


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
慶應義塾体育会水泳部水球部門
性別:
男性
自己紹介:
慶應義塾体育会水泳部水球部門のブログです。
現役大学生・OB・ファンの皆様との交流の場にしたいと思います。

水球とは
プールの中で行うハンドボールを想像してください。水球は泳ぎながらボールを扱う珍しいスポーツなので、競泳だけでも球技だけでも味わえない楽しさがあります。サッカー・バスケットのような戦略性・戦術性と、ラグビーのような力強さを併せ持ち、水面下での激しい攻防から『水中の格闘技』とも呼ばれます。随所には、日本泳法のテクニックなど技巧的な面も見られます。
日本ではマイナースポーツですが、海外での水球-waterpolo-はプロリーグも存在する人気スポーツです。
バーコード
最新記事
(03/21)
(01/31)
(01/31)
(01/30)
(01/29)
最新コメント
[04/25 安井 幸三郎]
[10/20 Ben.calatayud@orange.fr]
[10/20 Ben@poulet.fr]
[09/20 ono]
[09/20 バード]
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]